ねずみ退治やイタチなどの被害を抑えるためにもスペシャリストに依頼

作業員

危険な虫

蜂

身近に生息する生き物として知られているのがスズメバチです。スズメバチには猛毒があり、その猛毒によって命を落とすことがあります。そのため、スズメバチが住まいに巣を作っている場合は駆除の依頼をしましょう。

素人では難しい

シロアリ

住まいの天敵であるシロアリは素人の知識で駆除することは非常に難しいです。そのため、シロアリ駆除を生業としている専門家に依頼することがベストです。そうすることで安全に駆除ができるでしょう。

住みつく害虫

作業員

羽アリと言われる生き物がいます。この生き物は名前の通りに、アリに羽が生えている生き物です。この生き物を見た時はシロアリ駆除の専門家を利用するといいでしょう。そうすることで住まいの被害を最小限に抑えられます。

繁殖する害虫

シロアリ駆除は必要なのか

シロアリとは木の幹に含まれている「セルロース」を主に栄養とする昆虫です。主に木の中で暮らしているのでなかなか見かけることはありませんが、住宅街など森林の少ない地域では木造住宅の中に住んでいる場合があります。木造住宅の柱などをシロアリに食べられてしまうと、地震の際などにとても危険です。一匹一匹はとても小さなシロアリですが集団生活をしており、その数は数千から大規模な集団だと数万頭まで集まってしまいます。住宅の劣化につながりかねないシロアリによる被害を、食い止めるためにも駆除は必要といえるでしょう。シロアリは一度住み着いてしまうと急速に被害が拡大してしまいますので、事前の防除もとても重要になってきます。

防除のための対策とは

シロアリが寄り付かない住居とはどんな住居なのでしょうか。まず新築の木造住宅には、ほとんど材木に有機薬剤が使用されています。この薬剤によって腐敗を防いだり、シロアリなど害虫が寄り付かないようにしています。しかしこの有機薬剤は、環境の負担や人体への安全性を考慮されており、約5年間ほどで効果がなくなるようにされています。つまり5年後からは、シロアリ被害も念頭に入れておかなければならないということです。はじめられる予防法としては、シロアリが好みそうな環境を作らないことです。シロアリはあたたかくて、湿気があるところを好みます。逆に冬場は、活動が鈍ってしまいます。水周りの木材は濡れていないか、床下の通気の状態は良好か、といった点を見ておきましょう。このような害虫を駆除する専門家があり、シロアリ以外の駆除を行なってくれる専門家もいます。例えば、イタチを撃退してくれる専門家やねずみ退治を行なってくれるところなどもあるため、自分に適している専門家を見つけることが大事です。