ねずみ退治やイタチなどの被害を抑えるためにもスペシャリストに依頼

作業員

住みつく害虫

羽アリを駆除してもシロアリ駆除にならない

作業員

羽アリが大量発生した場合に多くの人が殺虫剤で駆除をするのではないでしょうか。殺虫剤で羽アリを駆除するのは有効な手段なのですが、羽アリを駆除してもシロアリを駆除したことにはなりません。また、その発生した場所に巣があるとも限らず、外に出やすい場所から出てきただけの可能性が高い状態です。そのため、羽アリを発見した際には家の中をくまなく調査する必要があります。思わぬところが被害に遭っていて、家に大きな被害をもたらしている可能性がります。シロアリ駆除はしっかりと対処をすればシロアリが住みにくい状態を作ることができます。そのためには、羽アリを発見した際にシロアリ駆除業者などを利用してしっかりとした庁舎をしてもらうことが大切です。

羽アリを発見してもそれがシロアリとは限らない

羽アリにはシロアリの羽アリと黒アリの羽アリがいます。このシロアリと黒アリの違いを知っておくとシロアリ駆除依頼する場合に便利です。黒アリは家に被害をもたらす害虫ではないため家の中で発見しても問題がありません。しかし、シロアリの羽アリを見たことがない方は、どれがシロアリで、どれが黒アリなのか区別がつきません。シロアリと黒アリとの大きな違いに羽があります。どちらも4枚の羽があるのですが、シロアリの羽は4枚とも同じような大きさをしています。黒アリは上の羽が長く下の羽が短いという特徴があり、もっと見分けやすいポイントです。その他にもシロアリは胴体が寸胴であるのに対し黒アリにはくびれがあります。このように注意深く見ると見分けることができ、シロアリの場合にはシロアリ駆除の必要性が高くなります。